早稲田大学の公務員講座ってどうなの?

MENU

早稲田大学の公務員試験対策講座ってどうなの?

早大生の方においても公務員を目指す方も多く存在しており、その際の試験対策として公務員予備校か、はたまた費用が安い大学の公務員講座の受講か悩まれる人も少なくないようです。そこでここでは早大生の公務員講座の口コミ&評判、2chなどにも注目し、特徴などを紹介していますので今後の選択肢として参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

早大公務員講座のメリットとは?

 

  • 早稲田キャンパス内の教室で受講することができる
  • 経済的な安価な費用で試験対策が可能
  • 大学での授業と両立することができる
  • 各自のニーズにより1講座から申込みができる
  • 同じ公務員を目指す早大生と共有することができる
  • 教養試験コースマスタークラスではES・面接対策ができる

 

早大公務員試験対策講座が気になる!

 

  • 専門試験コース
  •  

    入門クラス(民法、経済特訓):独学しにくい2科目を効率よく学習をするためのベースを作りを目指しています。初心者を対象としているため、法律・経済用語に不慣れな方でも着実に理解をしながら学習することができます。

     

    基礎クラス:国家一般職、東京都庁、県庁、東京都23区特別区、政令指定市役所等の地方上級受験予定の方を対象としています。専門試験の攻略でかかせない「憲法」「民法」「行政法」「経済学」の4科目をピックアップし知識を身につけるとしています。

     

    実践クラス:基礎クラスと同様とした方を対象としています。専門試験で最もウエイトを占める「政治学」「憲法」「民法」「行政法」「経済学」の本格的な問題演習を行います。

     

  • 教養試験コース
  •  

    ベーシッククラス:教養試験対策の初学者を対象としており、数学的な問題に対して苦手意識がある方もOK!公務員試験の受験で必須となる教養試験(基礎能力試験)の知能科目を扱います。
    マスタークラス:国家一般職、東京都庁、県庁、東京都23区特別区、市役所等の地方上級受験予定者を対象。教養試験(基礎能力試験)4科目の過去問の徹底演習を行い確実な点を取れるようにします。

     

  • 最後に時事対策として直前コースも開校予定としています。

 

早稲田大学の公務員講座の評判、口コミではまず大学内で試験対策として学べることが良いとしている人が多いようです。そして初心者でも分かりやすく自分の苦手分野を克服し、得意分野を更に伸ばすことができたという学生もいるようです。全体的に、受講料が安いにも関わらず無駄がなく密度の濃い講義として好評としているようです。

 

そして各クラスでは公務員試験を熟知した実務教育出版のベテラン講師が担当とし、毎年150名以上の早大生が試験対策として本講座を利用しているとしています。