高校生の人気職業ってなんで公務員?

MENU

高校生の人気職業ってなんで公務員?

高校生が将来就きたい職業として総合1位としているのが公務員としており、特に男子においては教師の次としています。また女子の1位は看護師としていますが、公務員も上位にあげられるなど、昨今では公務員職は不動の人気としているようです。

 

ちなみに保護者の方が子どもに就いてほしい仕事とするなら「子供が希望する職業であればよい」と答える方が多くいるようです。実際のところあえて選択するなら公務員とするなどやはり人気の職業としています。そこでここでは、高校生の人気職業としている公務員の魅力、特徴など紹介したいと思います。

 

大学進学か高卒で公務員を目指すべきか悩んでいる方もまた少なくないようです。今後の進路の参考として最後までご覧くださいね!

 

公務員の職業に注目!

 

安定した収入で地域または国のために働けるやりがいのある職業としている公務員には、地方公務員、国家公務員があります。そのなかで高校生がチャレンジできる公務員職を紹介したいと思います。

 

  1. 国家公務員
  2.  

    職種:一般職、刑務官、海上保安大学校、気象大学校、税務職員、航空保安大学校、裁判所職員一般職、皇宮護衛官刑務官、入国警備官

     

    特徴:国の機関に勤務し、国から給与を支給され、それぞれの専門分野に携わります。また勤務先においては業種によっては、他県への勤務先異動もあります。

     

  3. 地方公務員
  4.  

    職種:事務系初級、技術系初級、警察官、消防官

     

    特徴:地方自治体の機関に勤務し給与を支給され、地方の実情に合った独自の行政サービスを実施する仕事となります。異動はありますが自治体の管轄内に限定されているため、ほぼ県内に留まるとしています。

 

国家公務員と地方公務員の違いとは、どちらとも国や市民の利益のために働く社会全体に奉仕するサービス業としています。そして国家公務員は国が地方公務員は地方自治体が管理、勤務することによる違いとしています。比較的、高卒、大卒においても国家公務員の方が試験は難しく、合格の倍率も高いとしています。

 

地方公務員の高卒程度とは?

 

高校生の人気職業として公務員が選ばれるのは、倒産することなく安定した給料を得ることが最もの理由としているようです。そこで地方公務員採用試験のレベルには上級、中級、初級として分かれています。高卒程度とは初級の分類にあたり、高校卒業レベルの学力であることを意味しています。

 

それは卒業後に試験を受けなくてはいけないということではなく、在学中においても受けることができます。そこで独学で勉強する人もいますが、公務員予備校に通い受験する人など様々としています。また現役高校生を対象とした無料の講習など実施しているところもあり、利用することでお金をかけずに見事合格を果たしたという学生も存在しています。

 

特に警察官は警視庁、県警では高校生においても多く採用する傾向として比較的、合格しやすい職種としています。そこで残念ながら合格、採用が果たせなかった場合には、公務員専門学校や、予備校に通学、通信など利用して再度チャレンジすることができます。しかし初級はほぼ高卒2年以内を年齢制限としていますので、超えてしまえば中級、上級を目指さなければならず更に試験が難関となります。