公務員VS民間どっち?

MENU

公務員VS民間どっちがお得?

大学生の就職先として悩まれるのが公務員VS民間企業としています。果たしてどちららを選択するべきか、一度は迷ったという学生も少なくないようです。よほどのことがなければ解雇されることはなく、リストラとなることもない公務員は安定志向の若者からは絶大な人気としています。

 

また難関の大企業に就職内定が決まれば、周りからは羨望のまなざしとして祝福される人もいるのではないでしょうか。しかし誰もが大手会社に就職することはできず、競争率の激しい採用試験を通過する必要があります。残念ながら落ちてしまえば第二、第三希望としているところへと格下げしなければならず最終的には希望していたところとは違う仕事に勤めるケースも多くみられます。

 

そのため公務員試験も同じでどちらとも採用試験をクリアする必要があることは同様としています。しかし公務員試験内容は大学で学習した内容とは異なり、独学では難しい分野もあることから試験対策を嵩じていない人が受験しても合格することはほとんどありません。よって公務員を就職先へと決めたのであれば早い段階で、試験対策の準備が必要となります。

 

ここでは公務員と民間会社へ就職した際のそれぞれのメリットやデメリットを解説したいと思います。現在悩まれている学生の方は今後の進路選択の参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

公務員で老後生活は安泰?

 

国家公務員、地方公務員とありますがそのどれもが国、地方自治体の管理とし国民に奉仕する仕事とし、対価を共わない国民に広く平等に働かなければなりません。警察官、消防士、自衛隊員、県庁や市役所、税務署、霞ヶ関の中央官庁の各省庁などの他専門スキルを活かした職種などもあります。

 

それらにはそれぞれの専門の試験があり、国家一種や地方上級などのキャリア採用か、地方初級などのノンキャリア採用かにより昇給や昇格などは異なってきます。また試験の難易度も職種によって異なるとしています。よって給料や年収においてもかなりの差が生じてくることも致し方がないようです。

 

しかし公務員では毎年の昇給や年齢序列による昇進などにより、給料は決して高くはありませんが安定しており、退職金や定年後の年金においても相応の金額が支給されます。そのため老後の生活は安泰としていますが、昨今の少子高齢化などの社会情勢において財政が圧迫されていることで、公務員の給料や退職金、年金なども削減されることも予想されています。

 

キャリア官僚を目指す学生では合格への道は険しく倍率も高いことでも知られており、採用となれば将来有望な人材として期待され華やかな職業としていますがそれは一部としています。官僚、外交官などを除けば、一般的な公務員であればやはり地味な印象がありますが学生にとっても魅力ある職業でもあるようです。

 

民間企業で年収1000万も夢じゃない?

 

民間企業では、従業員の待遇は各企業の経営状況、経営方針や景気の動向によって大きく異なるのが特徴としています。大企業であっても景気悪化によりリストラや減給、賞与カットとなることも決して珍しくはありません。また反対にベンチャー企業や中小企業においても飛躍的な成長により給料、年収が大幅に増加するなど魅力的な部分もあります。

 

また実力主義や年俸制を採用している企業も沢山ありますので、実力次第では年収1,000万円を超える人もいます。しかしサラリーマンの平均年収は320万程度とも言われていますので、就職する会社によって格差があることが現実としています。

 

また大企業では手厚い待遇とし福利厚生が充実しているところが多くありますが、中小企業ではそうでないところが多く存在しています。

 

最終決断はどっち?

 

果たして公務員、民間会社のどちらを選択するべきか?それはあなた自身がやりたいと思った仕事を見つけることが先決とするべきでもあります。公務員に決めたのならその中から自分にあった、興味のある職種を選択するのも良いかもしれません。またスキルや専門を活かし型にはまらず自由に仕事をしたいという方では、民間から自分にあった仕事を選択するべきでもあります。

 

一生涯、同じ仕事に捧げるなんてきれいごとは言いませんが、長く続けることでキャリアアップし充実した日々を過ごすことも期待できるとしています。また専門知識を高め更に上を目指すとして、向上心を常に持ち続けられる仕事に就くことができればそれは幸せなことでもあるのではないでしょうか。